楽天証券で積立している投信を変更した

雑記
この記事は約1分で読めます。

楽天証券にてクレカで毎月5万円ずつ積立している投信を楽天VTから、eMAXIS Slim 全世界(オールカントリー)に変更した。

理由は、楽天VTとインデックスとの乖離が1%程度広がったためである。

すでに特定口座で積み立てた分については、含み損があるうちに移行予定。NISA購入分については、逆に含み損があるので、移行を見送る。ちなみにNISAについては、仮に含み益があっても、見送るだろうと思う。

対象とするインデックスは、「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」から、「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス」に変更になるが、元々全世界なので、それほど大きなちがいはない。強いて言えば、前者の方が小型株含まれたり、MSCIで「フロンティア」と分類された国々が含まれたりするため、分散投資の度合いが大きく理想的と言える。

楽天VT以外の投信でFTSEを採用しているのは、SBIの雪だるまだが、今回は楽天証券にて毎月5万円をクレカで積み立てている投信の乗換えなので、選択肢から外れる。本家VTも同様。ま、資金を引き上げて、SBI証券から仕切り直せば良いのだけど、今後もクレカ投資は続行するので、資金は移動しないことにする。