2020/10/29 湘洋中右 昼(setモモ)#65

サーフィン日記
この記事は約2分で読めます。

モモサイズだったので、1ヶ月以上ぶりにSoftechの8フィートで出動。

ボリュームも94Lもあるので、ヒザだろうがモモだろうがブレイクする波なら、とにかくパドルすればテイクオフ可能。クルーザーか何かに乗っているような気分になる。

しかしながら、このところ心がけていた加重してレールを入れるターンをやろうとすると、レールが全く入らず。無理に入れるととんでもない角度になるので、当然こける。

じっくり重心をずらして、ゆっくりとレールを入れていくと、ターンができるが、これがロングのターンが難しいといわれる所以なのかもしれない、と一人納得した。

とにかく板は走るが、波が弱いので、どんどん前の方に立ってしまうので、いざ曲がるときに、ステップバックが足りず、しっかり重心が掛かっていない、というのも原因だろう。

よかった点

  • とにかく回数乗れた。
  • 板が走りだす感覚は前よりもはっきりしていて、テイクオフのチャンスを逃さなくなった。ま、この板がとにかく走る訳だが。

気づいた点

  • トムキャロルやミニロングの用に加重しても、全くレールが入らない。しっかり加重していかないと、曲がらない。
  • プッシュアップしてたつときに、前に乗る癖がつかないよう気をつけなくては。

次回

  • 現状は、波がモモ程度なら、ミニロングで出た方がよいかも。もしくはトムキャロルでショアブレイクを狙うか。
日付2020年10月29日昼
場所湘洋中 右手
setモモ
風向きオフショア〜サイドオン
人数周りに3人くらい
ボード8’0″ 94L
メモテイクオフは数え切れないほど。