#88 辻堂正面東(setハラ〜ムネ)2020/12/25 昼

サーフィン日記
この記事は約2分で読めます。

概要

乗った回数6(自分で数えたのは12回)
合計距離161 m
合計時間53 秒
最長距離48 m
最高速度15.4 km/h
setハラ〜ムネ ちょいチョッピー
1.0-1.1 m
風向きサイドオフ、サイド、サイドオン
人数周りに0〜7人くらい
ボード5’8″ 39L
ウェア5mm セミドライ
メモ

昨日は流石にオンショアがキツかったので、見送ったところ。今日はサイズは残る/西からのうねりに反応するかも&風が止む予報なので、混むかと思いきや、そこまででもなく、楽しくサーフィンできました。

ムネサイズだと、ちょいビビるけど、良い感じのスピード感で横に滑れる。なんか計測的には対して速度出てない感じだけど、まあそこはそれ。

とはいえ、セット入ると、ゲットアウトがきつい。

よかった点

  • とりあえず横(というかフェイス)見ながらテイクオフする感じに慣れてきた。もはやフェイスがなかったりすることも多いけど。
  • そのせいで、テイクオフしてから横にレールが入るようになった。こっからだよね。
  • ダックダイブ・ドルフィンスルーが、2回ほど上手くいった。蹴り込みがポイントっぽい。ケツがよく引っかかるので。と思っていたら、ちゃんと沈めないと、蹴り込んでも今度はノーズを弾かれる。しっかり沈めて、しっかり蹴り込む感じか。

気づいた点

  • とりあえず横に横に(実際は斜めですが)と気持ちが向かっているせいか、スープを抜けられずに、そのまま向きを変えて岸に向かうとき(なるべくスープにも乗るようにしています)、スムーズになった。
  • テイクオフのとき、波かフェイスを注視している方が、足元がぐらついたとき、たて直すのが早いみたい。面白い?足元を見ると、大脳が働くので動きがイマイチになるけど、足元を見なければ小脳が働くので動きがスムーズなのかも。

次回

  • フェイスを見る。膝を曲げて、フェイスを滑る。伸び上がって、フェイスを上る。